標準仕様があると、完成形のイメージが簡単

Share

注文住宅を建てる際、標準仕様の注文住宅を見学しておく事は大切

注文住宅における標準仕様のメリットの一つと言えるのが、完成形のイメージがしやすいという事です。住宅展示場などで展示されている住宅は標準仕様となっているケースが多いです。そのため、それらを一通り見学できれば、標準仕様で建てられた注文住宅の完成イメージが簡単にできます。特に注文住宅の場合、3Dモデリングなどを用いても完成形のイメージには限界がありますが、実際に標準仕様の住宅を見れば、様々な箇所の完成形が確認できます。また標準仕様の注文住宅を見ておく事で、顧客としてはどの部分をオリジナルなものにしたいのかなども把握しやすくなるでしょう。ただ、せっかく注文住宅にしても標準仕様を採用しすぎてしまうとオリジナリティのない建売住宅のようなデザインになってしまう可能性もあるので、その点は注意しておきましょう。

標準仕様の注文住宅には設計費用が安く済むなどのメリットもある

設計費用が安く済む点も標準仕様を採用した注文住宅のメリットです。ほとんどの住宅メーカーでは住宅をテンプレート化している傾向にあり、テンプレートに近い注文住宅であるほど手間がかからない事から、設計費用を低く抑える事ができます。打ち合わせの時に住宅の設計者ではなく、営業担当者が間取り図を書いて顧客に提示するケースも少なくない事が設計費用が安くなる理由の一つとして挙げられます。そのため、特にこだわる必要がない部分に関しては、なるべく標準仕様を採用するのが良いでしょう。またもう一つ、標準仕様の注文住宅のメリットとして挙げられるのが、施工ミスのリスクが低いという事です。標準仕様は下請け業者から見ると使い慣れている建材を用いるため、施工ミスの防止が期待できると言えるでしょう。

新築一戸建ては家族の生活拠点になる他、高い価値を持つ資産としての側面もあります。建物は経年劣化によって価値が下落しますが、土地については利便性や地域の発展などの理由で価値が大きく変わるのが実状です。