標準仕様をつくることで、コスト削減が可能

Share

注文住宅の標準仕様とは

注文住宅を一から建てようとすると、建築の知識がない人は困ってしまいます。そのため、ハウスメーカーや工務店では、建て主が注文住宅を考えやすくするため、標準仕様を設けています。注文住宅の標準仕様は、住宅を構成する必須項目を網羅していることが多いようです。例えば、天戸や窓用のシャッター、インターホンや階段の手すり、温水洗浄便座などが挙げられます。標準仕様として規定された設備を超えるものを採用したい場合は、追加費用を出すことでオプションから選択できるようになっています。なお、標準仕様は各ハウスメーカーや工務店により、項目などは異なります。また、設計事務所に注文住宅を依頼する場合は、そもそも標準仕様という概念がないため、注意が必要です。

標準仕様はコスト削減の効果が期待できる

注文住宅に標準仕様がある大きなメリットの一つが、コスト削減を期待できることです。建売住宅に比べ、注文住宅はコスト的に割高になる傾向が高くなります。ですが、標準仕様があることで、ハウスメーカーや工務店は資材や設備を一括して仕入れることが可能になり、コストカットに結びつきます。ですが、すべてを標準仕様とすると、注文住宅の魅力が薄れてしまうかもしれません。注文住宅は、自分の好みに合わせられることがメリットです。まずは各メーカーや工務店の標準仕様を確認し、こだわりが少ない部分は標準仕様とし、こだわりたい部分をオプション選択するなどメリハリをつけることで、満足できる住まいを手に入れることができるに違いありません。

分譲住宅は、あらかじめ建てられていた住宅と土地を一緒に購入します。分譲地に同じような建物が数件並んでいます。