標準仕様では、スペックが低くなることも多い

Share

標準仕様のデメリット

注文住宅を建てる場合には、一から設計していくというフルオーダー形式を採用するというのも一つの方法ですが、それ以外に住宅メーカーの方で用意している標準仕様を基にして設計プランを固めていくという方法もあります。この標準仕様には、フルオーダーと比べて建築費用を安くできるというメリットがある一方で、使用する建材や住宅設備のスペックが低くなりがちであるというデメリットも存在します。この点をしっかりと認識していないまま標準仕様を選んでしまうと、完成した注文住宅のクオリティに満足できないという結果になりかねません。そのような事態に陥らないようにするためにも、標準仕様を選ぶ場合は事前に選択可能な仕様が自らのニーズを満たすものかどうかをきちんと見極めるようにしましょう。

なぜスペックが低くなるのか

標準仕様にするとどうしてスペックが低くなりやすいのかという点について、その理由を見ておくことにしましょう。住宅メーカーが標準仕様を用意する意図は、主に使用する建材や住宅設備を統一することによって建築工程を効率化するとともに、コストを抑えてリーズナブルな料金で注文住宅を供給するという点にあります。そのような意図を踏まえると、高コストになりがちなハイスペックな建材や住宅設備はどうしてもラインナップに入れにくくなってしまうというわけです。もちろん、施主が希望すれば仕様にないハイスペックな建材等を使用できるケースもありますが、その場合には、建築価格が大幅にアップしかねないという点に注意する必要があります。

一戸建てを建てるとき、間取りやデザインなど、予算も含め自分の希望を予めはっきりさせ、きちんと伝えましょう。業者さんとの相談もスムーズにいき、後で後悔することも減ります。